梅田の脱毛を知らない私達
2017年9月6日

大阪で受けるニードル脱毛

医療レーザー脱毛は、医学の力を用いてムダ毛が生える組織を破壊することで高い脱毛効果が出る方法であり、大阪でも多くの人に利用されている実績があります。
しかし、どんな部位でもどのような毛質であっても効果があるというものではありません。レーザーの光は、黒い色に反応するという特性を持っているということが鍵となり、肌の色が黒いとレーザーが反応してしまいます。小麦色に日焼けをした肌であったり、濃い色のシミ、タトゥーの上にもレーザーを照射できないことになるので、脱毛が不可能となってしまいます。

また、毛の黒い色に反応させたいものの、産毛のような色素が薄い毛にもレーザーは反応しにくいことになります。白髪になると全く反応しないために施術を受ける意味もなくなってしまいますが、ニードル脱毛であればどんな肌であっても毛の色であっても的確な効果があります。

大阪でも以前から多くの人に利用されているニードル脱毛は、針のような極細の機材を毛穴に刺し込み、電気を流すという方法で進められます。レーザーを照射するとなると、ワンショットで広範囲に効果を与えることができますが、人の手作業によって一本ずつ進められることになるので時間も予算もかかってしまいがちです。

しかし、レーザーが反応せずに残ってしまった毛にだけ利用することもできるので、大阪でも掛け持ちとして利用している人もいます。最終的な手法でもあり、今でも欠かせない方法となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です